コードスケッチコードスケッチ

歌詞・コード譜(キー-3/カポ3・簡単コード)

※ コード譜をクリック(タップ)で 再生/停止
(AmF)×4AmFGAmFG或るAm夏、影を伸ばすような夕暮FカラスがG鳥居の上で聞いたAm耳打つ子供の声F夏祭り、揺EmEaugリ。Am山の小道、トンネルの向こうFポツリとG古び眠る屋敷があAmって首吊った少女の霊が夜Fな夜な出るそうE好奇F心で立ち入るE人達「言ったAmだろ、出るはずGない」と軋む階Dm段 揺れる懐中電灯誰もG気付いてはくれEないや「私、F死んでなんかなEい。」って暗がりに浸かAmってそっと強Eがって澄ましてもF過ごしたE日々と共にAmまった針はE埃被ってまたF声枯らして今G日が終わってE日が窓にAm映り込んでFE私は此処にいAmます。AmFEAmFAm節をC束ねたF虫の聲Em夕立Am流れたC灯篭F神様のEm悪戯のFGAmFGAmFGAmFGE迷い込FんできたE灰色猫「あなたAmも私が見えGないの?」背を撫でDmようとした右手は虚しくGるり抜け、空をE掻いた「私、F死んでいたのかEな」って膝を抱Amえて 過去のE糸を手繰ってもF些細なE辛いことや家Am族の顔も思Eい出せなくてFくで灯りだGす家並みの明Eりや咲いた打ちAm上げ花火FEめ、今を誤Am魔化すAmFGAmFGAmFEmFEmAmFEmAmFGA♭dimAmFEDの終わD♭り 過G♭mぎ去っAA♭m供たちのD♭噂もG♭m薄れG♭ってはBm薫るA♭m線香のA煙とG♭m一緒にD♭姿は透G♭mけ、やがD♭て消えゆくF私はただのG一夏の噂だAmった六月始めに生まF八月終Gわりに遠退いAm意識Eは影G法師にG♭mなったFも見つけてはくれなかGったけAmれど記憶のE片隅にあFる、かつてのE淡い日々のAm一部となってE残り続けるFう切らした向日G葵の歌Eしぐれも亡きAm夏の匂いだFけ残る屋E敷に少女はAmもういないだFGAmEmFGAmEmFGAmEmFGAm

トーマのコード譜一覧

トーマのコード譜を全て見る

話題のコード譜一覧

話題のコード譜を全て見る