コードスケッチコードスケッチ

歌詞・コード譜(簡単コード)

※ コード譜をクリック(タップ)で 再生/停止
AmGAmGAm傾斜10度の坂道を腰のG曲がった老婆が 少しずつのAmぼってゆくAm紫色の風呂敷包みはGまた少しまた少し 重くなAmったようだAm彼女の自慢だった足はうすGい草履の上で 横すべり横AmすべりAmのぼれども のぼれどもどこへも着Gきはしない そんな気がしてくるAmようだDm冬から春へとAm坂を降りDm夏から夜へとAm坂を降りDm愛から冬へとAm人づたいDmのぼりの傾斜はFけわしくなるばEかりCとしをとるのはステキなことですAmそうじゃないですかGC忘れっぽいのはステキなことですAmそうじゃないですかCDm悲しい記憶のAm数ばかりDm飽和の量よりAm増えたならDm忘れるよりほEかないじゃありませAmんかGAm息が苦しいのは きっと彼女がG出がけにしめた帯がきつすぎAmたのだろうAm息子が彼女に邪険にするのはGきっと彼女が女房に似ていAmるからだろうAmあの子にどれだけやさしくしたかとG思い出すほど あの子は他人AmでもないAmみせつけがましいと言われて抜きGすぎた白髪の残りはあとAm少しDm誰かの娘がAm坂を降りDm誰かの女がAm坂を降りDm愛から夜へとAm人づたいDmのぼりの傾斜はFけわしくなるばEかりCとしをとるのはステキなことですAmそうじゃないですかGC忘れっぽいのはステキなことですAmそうじゃないですかCDm悲しい記憶のAm数ばかりDm飽和の量よりAm増えたならDm忘れるよりほEかないじゃありませんAmGAmFGEmFGBmEE♭Dm冬から春へとAm坂を降りDm夏から夜へとAm坂を降りDm愛から冬へとAm人づたいDmのぼりの傾斜はFけわしくなるばEかりCとしをとるのはステキなことですAmそうじゃないですかGC忘れっぽいのはステキなことですAmそうじゃないですかCDm悲しい記憶のAm数ばかりDm飽和の量よりAm増えたならDm忘れるよりほEかないじゃありませんAmGAmG

中島みゆきのコード譜一覧

中島みゆきのコード譜を全て見る

話題のコード譜一覧

話題のコード譜を全て見る