コードスケッチコードスケッチ

歌詞・コード譜(キー-4/カポ4)

※ コード譜をクリック(タップ)で 再生/停止
Cm食べていくための仕事にひと休みして 私はTVをつけたCm眠らぬ旅のあれこれを 生まれた街で癒そうと試みていたGm明日にはこの街にも雪がちらつくだろうとGm季節はずれの天気予報が流れていたFm明けきった5時半の空に目を細めて チャンネルを変えたCm中継という文字 そして私の瞳に爆風が噴きつけて来たCm長い間に見慣れてしまっていた白く平たい石造りの建物からGm朱色の炎と石くれが噴きあがる瞬間だったFmゆらゆらと熱のかげろうはあがりやがて白い煙からGm土色の煙となって建物から噴き出していたCm昨日までと今日は違うものなのだとCm人はふいに思い知らされるのだねCm蟻のように黒い人影が走り込むCm身を潜める 這い進む 撃ち放つCmどうせTVの中のことだと考えることもできずCm考えないわけにもいかいかずGmただ私は誰が何を伝えようとしているのかGmそれだけに耳を傾けた それだけに耳を傾けたCm大きな救急車が扉を広く開けて待ち構え続けているCm担架に乗り 肩にかつがれ 白い姿の人々が運び出されるGm日本人が救けられましたと 興奮したリポートFmディレクターの声もエンジニアの声もいり混じっているGm人質が手を振っています元気そうです笑顔ですとGmリポートは続けられているCmその時ひとかたまりの黒い姿の人々がCm担架を囲んでとび出して来るCmリポーターは日本人が手を振っていますとだけCm嬉々として語り続けるGm担架の上には黒く煤けた兵士Fm腕は担架からぶら下がり 足首がグラグラと揺れるGm兵士の胸元に赤いしみが広がるCm兵士の肩に彼の銃が ためらいがちに仲間によって載せられるCm担架はそれきり全速力でいずこかへと運び出されてゆくGm日本人が元気に手を振っていますとGmリポーターは興奮して伝え続けるFm黒い蟻のようなあの1人の兵士のことはひと言も触れないFmひと言も触れないGm日本人の家族たちを喜ばせるためのリポートはGm切れることなく続くCmしかしあの兵士にも父も母も妻も子もCmあるのではなかったろうかCm蟻のように真っ黒に煤けた彼にも 真っ黒に煤けた彼にもCmGmあの国の人たちの正しさをFmここにいる私は測り知れないGmあの国の戦いの正しさをFmここにいる私は測り知れないCmしかし見知らぬ日本人の無事を喜ぶ心がある人たちが何故Cm救け出してくれた見知らぬ人にはCm心を払うことがないのだろうGmこの国は危ないGm何度でも同じあやまちを繰り返すだろうGm平和を望むと言いながらもFm日本と名の付いていないものにならばいくらだってGm冷たくなれるのだろうCm慌てた時に 人は正体を顕わすねGmあの国の中で事件は終わりFm私の中ではこの国への怖れがGmGm黒い炎を噴きあげはじめたCm4.2.3. ・・・・・・ 4.2.3. ・・・・・・Gm日本人の人質は全員が無事Cm4.2.3. ・・・・・・ 4.2.3. ・・・・・・GmFmCm4.2.3. ・・・・・・ 4.2.3. ・・・・・・GmCm

中島みゆきのコード譜一覧

中島みゆきのコード譜を全て見る

話題のコード譜一覧

話題のコード譜を全て見る