「ぼくのりりっくのぼうよみ」のアーティスト写真

遺書 - ぼくのりりっくのぼうよみ のコード譜

キー
かんたんコード

G♭m拝啓 見知らぬ誰かへこの音が届いた宛先まで墨を落とす、一文字たりとも無駄にしないよう 満ち足りないよう数多の言葉を綴ってきましたが致し方ないことだけが確かな事実なんだと明らかに見ています斑目に居ますG♭m一面の銃口に囲まれて暮らすような気持ちですG♭m蜂の巣にされるのもそう遠くない未来でしょうG♭mそんな景色が脳裏を過りますG♭m次第にそれしか考えられなくなっていきますG♭m私が筆を置くことにした理由ですこれが最後の手紙ですDM7D♭天国G♭mに辿BりつくまDM7でのD♭僅かなG♭m猶予さBDM7D♭永い永G♭mい走B馬灯のDM7なかD♭徨うBm命でしょうADM7永久にD♭思うほどG♭m耐えられぬB退屈をDM7遺書にD♭記してG♭m判決のB時を待つDM7“あなD♭た”にG♭m届いたかはわBからないDM7ただ此処にこD♭の言葉Bmは残ってADM7D♭G♭mBDM7D♭G♭mBDM7D♭G♭mBDM7D♭BmADM7正解か不正解か やってD♭m7みなければわからないというのがBm7結局のところです丹精D♭m7込めて育てたD♭dim偶像をDM7今日を持って破壊することに決めD♭m7ましたD♭m7お世話になりましたまたGどこかでお会いできることを祈っD♭ておりますD♭祈っておりますG♭m(気付かぬうち、自分で自分を呪っていた)G♭m(言葉を解さない石ころに、DM7一人D♭m7Bm7話し続けていた)G♭m(意味がない、切りがない この歌もきっと響かない 誰にも)G♭m(願わくば、この言葉たちが誰かを呪いませんように)DM7D♭言葉なんG♭mて 気休BめでしかDM7無いとD♭づいてしG♭mまったかBDM7D♭解しあG♭mうなんてB空事DM7にはもD♭う耐えらBmれないADM7何光年の距D♭離があってG♭m届かないB光ならDM7知らなD♭いままでG♭m簡単なB話だったDM7“あなD♭た”にG♭m届いたかはわBからないDM7ただ宇宙にこD♭の言葉Bmは漂っAているDM7D♭G♭mEmADM7A♭m7D♭G♭mEmADM7永すぎる生のなかD♭m交差しG♭mたことを祝BいましょうDM7それ以上はD♭m望まないBmそれ以上はG望めないDM7D♭天国G♭mに辿BりつくまDM7でのD♭僅かなG♭m猶予さBDM7D♭永い永G♭mい走B馬灯のDM7なかD♭徨うBm命でしょうADM7永久にD♭思うほどG♭m耐えられぬB退屈をDM7遺書にD♭記してG♭m判決のB時を待つDM7“あなた”D♭に届いG♭mたかはわかBらないただDM7此処にこD♭の言葉Bmは残ってADM7D♭G♭mBDM7D♭G♭mBDM7D♭G♭mBDM7D♭BmADM7D♭G♭mBDM7D♭G♭mBDM7D♭G♭mBDM7D♭G♭m