コードスケッチコードスケッチ

歌詞・コード譜(簡単コード)

※ コード譜をクリック(タップ)で 再生/停止
EるさとA♭mは 捨ててD♭mきたはずなのに私はA今また何故Bここに来たんだEろうE三十年A♭m前 暮らD♭mしてた私の家 ( いえ )今ではA大工職人の花木Bさんが一人でE住んでいたE黒くすすけA♭mD♭m低い天井と 六畳一A間の古Bい柱のEEこで父が荒A♭mれ狂い、母がD♭m泣き、姉が泣き一家A四人、全Bてあの時のEまんまだふぞD♭mろいの湯飲み茶A♭m碗で 花木Aさんが入れたお茶をE飲みG♭mを つA♭mむったら聞こAえてきたBE精一杯Aの生きるE故の残酷Aな あまりにG♭mも 残酷Bすぎる悲E鳴がE貧しさA♭mD♭m幼き瞳を 臆A病という隅Bに追いやったE「 耐Eえて行くA♭mのだ!」 といD♭mったい誰が手をつAかみ強Bく言えるのEだろうEかの間の優しA♭mさで、幼D♭mき瞳がこぼれA落ちそうなB涙をこらえたEE黙って両手A♭mでただ抱きD♭mしめるだけでいい優しAくなかったBのは私EなんだからD♭m清らかすぎるA♭m心と まぶしAい誠実EG♭mくて、恥ずA♭mかしくくて、息A苦しくなったBE間は右A手を自分Eの胸にAそっG♭mと、押し当てBてみるもEのだEつの日からだろA♭mD♭m心を語るのにこんAなに気をつけBなきゃいけなくなEったE悲しみA♭mが、どんなD♭m生き物よりわかるから一心A不乱に “ 勇気 ” と “ 希B望 ” を探し当てEるんだろうEあわせA♭mが  川D♭mの流れならなぜ、知らAない人たちがBせきとめるのEE壊れてゆこA♭mうともD♭m生きてゆきたいのさ踏みにAじられたら腹Bから怒ればEいいんだアジD♭mアのA♭m中の 日A本という小さなE島国はG♭m私の少年A♭mよりもっとA貧しくなったBみたいだそしてE強いられるもAのは とてつもEない窮屈Aさと当たりG♭mさわりなき、意味のなBい自由とEいうものE私の中にA今、沸き上Eがってきた感Aそうだ、G♭mこれがまさしくB私のふるさとEなんだなあE誰よりも強かった父Aよ、言葉を忘Eれ歩けなくなったA母よはらG♭mはらと はらはらとB最期の桜が散っていまEE

長渕剛のコード譜一覧

長渕剛のコード譜を全て見る

話題のコード譜一覧

話題のコード譜を全て見る