コードスケッチコードスケッチ

歌詞・コード譜(キー-4/カポ4・簡単コード)

※ コード譜をクリック(タップ)で 再生/停止
CるさとEmは 捨ててAmきたはずなのに私はF今また何故Gここに来たんだCろうC三十年Em前 暮らAmしてた私の家 ( いえ )今ではF大工職人の花木Gさんが一人でC住んでいたC黒くすすけEmAm低い天井と 六畳一F間の古Gい柱のCCこで父が荒Emれ狂い、母がAm泣き、姉が泣き一家F四人、全Gてあの時のCまんまだふぞAmろいの湯飲み茶Em碗で 花木Fさんが入れたお茶をC飲みDmを つEmむったら聞こFえてきたGC精一杯Fの生きるC故の残酷Fな あまりにDmも 残酷Gすぎる悲C鳴がC貧しさEmAm幼き瞳を 臆F病という隅Gに追いやったC「 耐Cえて行くEmのだ!」 といAmったい誰が手をつFかみ強Gく言えるのCだろうCかの間の優しEmさで、幼Amき瞳がこぼれF落ちそうなG涙をこらえたCC黙って両手Emでただ抱きAmしめるだけでいい優しFくなかったGのは私CなんだからAm清らかすぎるEm心と まぶしFい誠実CDmくて、恥ずEmかしくくて、息F苦しくなったGC間は右F手を自分Cの胸にFそっDmと、押し当てGてみるもCのだCつの日からだろEmAm心を語るのにこんFなに気をつけGなきゃいけなくなCったC悲しみEmが、どんなAm生き物よりわかるから一心F不乱に “ 勇気 ” と “ 希G望 ” を探し当てCるんだろうCあわせEmが  川Amの流れならなぜ、知らFない人たちがGせきとめるのCC壊れてゆこEmうともAm生きてゆきたいのさ踏みにFじられたら腹Gから怒ればCいいんだアジAmアのEm中の 日F本という小さなC島国はDm私の少年EmよりもっとF貧しくなったGみたいだそしてC強いられるもFのは とてつもCない窮屈Fさと当たりDmさわりなき、意味のなGい自由とCいうものC私の中にF今、沸き上Cがってきた感Fそうだ、DmこれがまさしくG私のふるさとCなんだなあC誰よりも強かった父Fよ、言葉を忘Cれ歩けなくなったF母よはらDmはらと はらはらとG最期の桜が散っていまCC

長渕剛のコード譜一覧

長渕剛のコード譜を全て見る

話題のコード譜一覧

話題のコード譜を全て見る