コードスケッチコードスケッチ

歌詞・コード譜(キー-2/カポ2)

※ コード譜をクリック(タップ)で 再生/停止
C雨が降っGていたどしゃぶFりの晩 ぬれた地べたにCを突っ立てGしゃくりC上げた瞬G喉をFかっ斬り悔しさを幾度もCバコの火Gで焼っきCったF海になCりてぇG激しくうねり狂CうほどF海になりCてぇ あれはG確か俺、19 の冬AmだったC中途半端のDm親切よりFもっとしゃにむにC生きたC中途半端のDm慰めなどにF振り向かず走り抜Gく命が好CきだったCが言葉にGなった吹きっさFらしの言葉から心といCう響き探しGうらC優しい母のG愛より物言Fわぬ親父の背中にCえ抱かGれたかCった正義Fに倒れ死んでCいった者達Gの墓の上CC7こっFそりつばを吐きC弱者を気取るG大馬鹿野郎AmC刑務所 ( ムショ ) も娑婆 ( シャバ ) もDm流れる水はFやっぱり同んなじCだったCうら寂しいDm人情の陰のF荒くれた厳しい命Gが好きだっCCは後ろにGあったF過去という名の貧弱な俺のC足跡があっG逃げCても追いGかけた逃げる自F分を許さぬもう一C人のGC強いF者ほどC細やかなG風に泣CC7FみっともないくらいCの恥をG誇りに思うもAmのだCすたれて貧しくDmたかるよなF大胆不敵CよりC乱拍子でDm脈打ちながらF希望へかじりつGく命が好CきだったCすたれて貧しくDmたかるよなF大胆不敵CよりC乱拍子でDm脈打ちながらF希望へかじりつGく命が好Cきだった

長渕剛のコード譜一覧

長渕剛のコード譜を全て見る

話題のコード譜一覧

話題のコード譜を全て見る