コードスケッチコードスケッチ

歌詞・コード譜(キー-2/カポ2・簡単コード)

※ コード譜をクリック(タップ)で 再生/停止
GDEmBmCGCDGDEmBmCGCDGG初夏の晴れた昼D下がり 私Emは生まれたと聞きBmましたC親の喜びG様は 大変Cだったと聞きましD「ただG真っ直ぐ信じるD道を 歩んEmでほしい」と願いBmこめてCみ抜いたすえに こGの名を 私にC付けたとD聞きましGG我が家はあの頃Dから やはりEm裕福な方ではBmなくC達のオモチャや自G転車をC羨ましがってばかD少しG困ったようなD顔で 「ごめんEmね」と繰り返すBm母のとなCりで いつまでも いGつまでも 泣いCたのを覚えてまDアンマーGDアナEmタは私Bmの 全Cてを許しGてを信じC全てを包み込DんでEm惜しみもせBmずにCDもかGもをC私のG上に注ぎC続けてきたのDアンマーGDEm私はそれでBmも気C付かずに思いGのままに 過CごしてきDたのでGしたDEmBmCGCD「強さ」Gの意味をはき違Dえて ケンカやEm悪さばかりをくりBm返し勝手C気ままに遊びまGわる 本当にロCクでもない私D真夜G中の静けさのD中 忍び足Emで家に帰ったBmときもCい食卓の上Gには 茶碗がC並べられDていましGG自分の弱さに目をD背け 言いEm訳やゴタクをBm並べCもせずにただ毎G日を だらCだらと過ごし続D浴びGる程に飲んだD私が 明けEm方 眠りに落ちるBmまだC薄暗い朝のG街へ 母Cは出て行くのでしDアンマーGDEm私はアナタBmC言ってはいけないGして口にCしてはいけないD言葉をEm加減もせBmずにC投げつDけてGCアナタのG心を踏CみにじったのDアンマーGDアナEmタはそれでBmC変わることなくG私をC愛してくDれまGしたG木漏れ日のようなDぬくもりでEm深い海の様なBm優しさでC部 全G部 私Cの全てを包みD込んだEmナタの背中に負BmわれながらC眺めた八重瀬岳Gの夕陽は今日Cも 変わらGず 茜C色にD街を染めGる yeahDEmBmCGCDGDEmBmCGCDGG度が過ぎるほどの頑固Dさも わがままもEm卑怯な嘘もすBmべてすべCてを包み込むよGうな愛がCそこにはありましDアナタGのもとに生れ落Dちたことは こんEmなにも幸せだBmったC頃ようやく気G付きました こんなC馬鹿なD私だかGG春先の穏やかなD朝に 新しいEm命が生まれまBmしたアナCタの様によくG笑う 宝石Cみたいな女のD「優しGさの中に凛々しDさを秘めた人」EmになるようにとBm願いアナCタの一番好Gきな 花のC名前をD付けましGGDEmBmCGCDGDEmBmCGCDG...

かりゆし58のコード譜一覧

かりゆし58のコード譜を全て見る

話題のコード譜一覧

話題のコード譜を全て見る